忍者ブログ

悩み解決健康促進情報

生活改善・悩み解消情報を発信します。主に性の悩み、体の悩み解消情報です。ED/勃起不全/早漏/陰茎短小/性欲減少/不感症/避妊/肥満/メタボ/発毛/育毛

アマゾン巨根部族の増大法がサプリメントに!Pafiamin(パフィアミン)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

アマゾン巨根部族の増大法がサプリメントに!Pafiamin(パフィアミン)

巨根部族の常識。ペニスは生涯伸び続ける。イニャワラ族が一生食べ続ける“パフィア”の増大力⇒アマゾン川流域に住むイニャワラ族は、平均サイズ18.7cmを誇る巨根部族。彼らの間に伝わるペニス増大ハーブ“パフィア”が手軽に摂れるサプリメントに。
世界で1番ペニスが大きい部族“イニャワラ族”とは?⇒「ペニスの平均サイズ18.7cm巨根部族。」1982年、文化人類学者カルロス・アダモ・ペレスが発見した先住民。ペルーとブラジルの国境近く、アマゾン川源流付近のウヤカリ地域で暮らすこの部族は、世界で最もペニスの大きい部族と知られています。彼らのペニスは何故、大きいのか?彼らの生活習慣や文化について様々な研究が進められていく中で、驚くべき事実が明らかになってきました。
イニャワラ族のペニスは、何故大きいのか?⇒「男性の地位は、ペニスのサイズで決まる。」イニャワラ族にとって、ペニスは子孫繁栄の象徴であり、ペニスの大きな男性ほど部族内で高い地位を得られ、妻を自由に選んだり、より大きな住居に住むことができます。そのためイニャワラ族では、ペニスの大きさを競い合い、成長期を過ぎてからもペニスを増大させるという風習が代々伝えられてきました。「50歳を超える族長のペニスは22.4cm。」1990年代に行われた体型調査では、推定年齢50歳を超える族長のペニスは22.4cmという驚異的な数値が記録されました。老いてもペニスが成長し続けた長老にスポットを当ててさらなる研究が進められた結果、ある植物が、彼らのペニス増大に深く関わっていることが明らかになりました。
イニャワラ族は、ある植物を食べてペニスを成長させていた! それが、アマゾンの霊草“パフィア”⇒「パフィアを食べ続ければ、ペニスは生涯、成長し続ける。」パフィアは、南米アマゾン川流域の1部地域の地中にしか存在しない貴重な植物です。300年前から滋養強壮、若返り、精力増大、疲労回復の万能薬として使用されてきました。そして、イニャワラ族の男たちは、日常的にパフィアを食べる事で精力を高め、ペニスを大きく育てています。また、最高齢の族長のペニスが最も大きく、成人前の男性はパフィアを口にすることが許されていない事からもパフィアの働きは年齢に左右されない持続的なものだと証明されています。
その希少なパフィアを最新技術で濃縮! イニャワラ族が1ヵ月で摂取する量を1粒で摂取できます! さらに!精子量を増やす2種類のビール酵母「亜鉛含有ビール酵母」「セレン含有ビール酵母」+栄養をペニスに贈る血行促進成分「ニクジュヨウエキス」「難消化性デキストリン」を追加配合。パフィアの増大効果を最大まで強化!
 ↓↓詳しくはこちら↓↓
Pafiamin(パフィアミン)【FBI555.jp◆STMX別館】

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
団塊世代の紳士
年齢:
69
性別:
男性
誕生日:
1949/05/31
職業:
フリーター
趣味:
ギター演奏
自己紹介:
プラントエンジニアをしていました。
現役を引退し、アフィリエイターを
しています。

P R